デンタルガイドトップ歯ブラシ歯間ブラシとは?

歯間ブラシとは?

歯間ブラシで歯垢(プラーク)の除去方法

歯間ブラシ

歯間ブラシとは、歯と歯の間にある歯垢(プラーク)が、歯ブラシによるブラッシングでは除去しにくいので、それを効率よく除去するために使用する小さなブラシです。

歯間ブラシは針金に小さくて細かいナイロンの毛がついています。

使い方は、簡単で、歯と歯の間に歯間ブラシを挿入して、そこをブラッシングして、歯垢(プラーク)を除去し、歯周病や虫歯などを予防する目的のために使用します。

歯垢(プラーク)は、歯と歯の間の側面だけにあるのではなく、歯の周りにも付着しているので、歯間ブラシは歯と直角に差し込んで出し入れするだけでなく、右斜め前からや左斜め前からそれぞれ角度を少しずつ変えて、奥への出し入れを数回行うことが必要です。

歯間ブラシは、1回使った後は、その都度水洗いをすることで、数回使うことができます。平均して、3-4回、長い場合で、約7回ほど再使用できます。

歯と歯の間は、場所によってその間隔が異なっています。

広いところもあれば、狭いところもあります。

歯間ブラシは、そのためサイズが5〜7種類ほど用意されています。

小さいほうかSSS、SS、S、M、Lとあります。メーカーによってはLL、LLLとある場合もあります。

歯と歯の間隔にあわせて使うので、複数のサイズが必要になることがあります。

狭い箇所に太い歯間ブラシを使うと歯茎などを傷つける可能性があるので、サイズをあわせて使うようにしましょう。

どのサイズが適当か不明な場合は、歯科医で確認したほう確実に分かります。

尚、メーカー間で、このサイズが統一されていないので、メーカーを変えて利用するときは、注意が必要になります。

あるメーカーのMサイズがぴったりだったので、別のメーカーでも同じサイズを選ぶと異なっていたというケースが起こります。

使用方法は簡単です。

前歯に使うときは、歯に対して、直角に挿入して、前後に出し入れを数回行います。

奥歯の方は、歯間ブラシがまっすぐだと使いにくいので、まっすぐではない、曲がった奥歯用の歯間ブラシを使用するか、またはまっすぐな歯間ブラシの針金部分も必要な角度だけ曲げて使います。

使用時の注意点としては、歯間ブラシを歯茎に強く当たるような使い方を行うと、歯茎を傷めます。

優しく使用するようにしてください。

もし、ブラシが軽く歯茎にあたった程度でも出血するようであれば、一度、歯科で受診して診断してもらいましょう。

歯周病などの可能性があります。

歯間ブラシによるブラッシングの実施回数は、1日1回行うことで十分です。

特に念入りに行う場所は、歯垢(プラーク)の付きやすい箇所となります。

歯と歯の間以外では、ブリッジした箇所の下、奥歯の一番奥の外側、歯並びの悪い箇所、入れ歯のばねの部分などがあります。

似た商品として、糸ようじがあります。

これは、デンタルフロスと歯間ブラシの中間のような商品で、デンタルフロスが糸のこぎりの歯のところに取り付けてあって、そこを歯と歯の間に挿入して、前後させることで、歯垢(プラーク)を除去します。

最近になって、歯間ブラシになる、電動歯ブラシや、電動歯間ブラシが販売されています。

電動歯間ブラシにもなる電動歯ブラシは、完全な前後運動は出来ていませんが、専用の電動歯間ブラシは、手動の歯間ブラシの動きを電動で行うため、非常に楽に歯垢(プラーク)を落とすことができます。

わずか1.5mmに束ねられた。超極細のブラシが、毎秒100往復5mmピッチで前後運動を行います。これによって、歯の奥の歯垢(プラーク)まで除去が簡単に行えるようになっています。

Copyright (C) Dental Guide All Rights Reserved.