トップページ > 歯ブラシ > 赤ちゃん・子供用の歯ブラシとは?

赤ちゃん・子供用の歯ブラシとは?Toothbrush

赤ちゃん・子供用の歯ブラシ

赤ちゃんと母親

赤ちゃんであっても、虫歯になる可能性があるので、赤ちゃんの歯の健康を守るために歯磨きが必要です。 自分で磨くことの出来ない赤ちゃん用の歯ブラシはどんな歯ブラシが最適でしょうか。 一人で出来るようになるまではお母さんが赤ちゃんに歯磨きをしてあげることになります。

赤ちゃん用の歯ブラシに最適なのは、以下の条件を満たすものが良いでしょう。

・ブラシ部分(ヘッド)は小さめのもの
・手に持つ部分(グリップ)は子供にもにぎりやすく持ちやすいもの
・ブラシの毛は柔らかくて、びっしりと多いもの

歯が生え始めたとき、お母さんが行う赤ちゃんの歯磨きは、最初は歯ブラシを使わないで、柔らかいガーゼや綿棒なので、葉の表面の汚れを取るだけでも問題ありません。 赤ちゃんは、徐々に歯ブラシに使って磨くようにしていきます。 赤ちゃんは口の中に歯ブラシが入ることを嫌います。あまり力を入れないで、磨いてあげましょう。 きれいに磨くという気持ちになりすぎると力が入りすぎるので、赤ちゃんが痛がります。あまり、神経質にならないでも良いでしょう。永久歯が生えてくるのでそれほど気にする必要にありません。

尚、まだ歯が生えていない頃に、「おしゃぶり」感覚で使える歯磨きトレーニング用歯ブラシを与えると、その後の歯磨きに習慣に役に立つでしょう。 また、これは、歯の生え始めでも効果があります。お母さんが、忙しくて歯磨きをさせられないときに、赤ちゃんがこのトレーニング用歯ブラシを噛んでいるだけでも虫歯予防になります。 このトレーニング歯ブラシは、柔らかい医療用のゴムで出来ており、大人用のように細くて喉の奥に突き刺さらないように、途中の大きな輪を作ってあるので、口の中には一定の長さは以上は、入り込まないように工夫されています。

第一段階は、歯が生え始める前の生後3ヶ月から1歳くらいの間は、このトレーニング用歯ブラシを使って、歯磨きの感覚を養います。 次に、歯が生えてからは、歯磨きが出来るように先端がブラシ状になったもので、形状は口の奥に先端が届かないようなトレーニング用歯ブラシと同じタイプが、お母さんにとっては、目を離しても安全なこれを使うのが良いでしょう。 歯が生え揃ってしまう3歳くらいまで使用できます。

上記の時期に平行して、大分歯の生え揃った1歳半くらいから、子供用の通常の歯ブラシを使用することも良いでしょう。 ただし、大人用と形状は同じですから、使用には注意が必要です。6歳くらいまで使用できます。 一人で磨くようになったとき、大人用の小さいタイプでは、歯にブラシ部分があたるように、磨く歯の場所によって歯ブラシの持ち方を変えなければなりません。 小さなお子さんでは、それが難しいこともあります。そのようなときに使うと良いブラシ部分が360度ぐるりと付いている子供用の歯ブラシがあります。これを使用するともち方を変えなくても常にブラシ部分が歯にあたります。

また、歯の本当に、生え始めにお母さんが使う歯の汚れや食べ物残りガーゼや綿棒、ティシュで取ることがありますが、そのティッシュに、虫歯の原因となる酸とプラークに着目して作られたティシュがあります。単にふき取るだけよりも虫歯予防になります。

そして、お母さんが、お子さんの歯を磨くときに、嫌がる場合は、出来るだけ手短に歯磨きを終えなくてはなりませんが、そのために子供用の電動歯ブラシを利用するのも良いのではないでしょうか。 また、お子さんが、自分一人で使用する場合にも、便利な機能がついています。

・子供の早い成長に合わせて、2つのサイズのブラシヘッドが標準装備。
・子供が刺激を感じないように、パワーモードが切り替え機能装備。
・ブラッシング時間を徐々に伸ばして90日後に2分になる機能。
・歯磨き時間をメロディーで告知する機能。

ページトップへ戻る
Copyright(C) Dental Guide All Rights Reserved.