トップページ > 歯ブラシ > デンタルフロスとはどういうものか?

デンタルフロスとはどういうものか?Toothbrush

デンタルフロスで歯垢(プラーク)大幅除去

デンタルフロス

デンタルフロスは、歯間にある歯垢(プラーク)を効率的に除去するための専用の細い糸です。ナイロンやポリエステルなどの繊維が数十本から数百本寄り合わせて作られています。 歯ブラシでは、どんなにていねいに磨いても取ることのできない部分である歯間の側面などの場所にある歯垢(プラーク)を除去し、歯周病や虫歯などを予防するために使われます。 歯ブラシでのブラッシングでは、歯垢(プラーク)の除去率は50%〜70%程度までしかできないのに対し、デンタルフロスを使うことで、それが90%程度まで除去率をアップできるため、虫歯・歯周病などの予防効果が高まります。デンタルフロスは単にフロスと呼ばれています。 歯ブラシで磨くことはブラッシングと呼ばれるのに対し、デンタルフロスで磨くことはフロッシングと呼ばれます。ほぼ同じ目的に使われるものとして歯間ブラシがあります。

デンタルフロスの使い方は、以下の手順で行います。

1.通常、糸状の長い状態で販売されているデンタルフロスを使いやすい長さの40〜50cmくらいにカットします。
2.次に、両端を両手でつまんで、引っ張っても、指から外れないようにしっかりと、両端を両手の中指にそれぞれ巻きつけ、両手の中指のあいだの距離が10cmくらいになったら、巻きつけるのをやめます。
3.次に、中指は手のひらに閉じて、人差し指と親指を使って、デンタルフロスをつまみます。この時に、つまんだ指先と指先の間の距離は1.5〜2cmぐらいになるようにします。
4.次に、それを、ピンと張った状態にして、歯と歯の間に、ゆっくり挿入していきます。入り難かったら、のこぎりを引くようにして、挿入していきます。
5.歯と歯の間を通ったら、片側の歯の側面にデンタルフロスを押し付けて、歯茎から、1〜2mmのところまで近づけていきます。
6.次に、その歯の側面にデンタルフロスを押し付けたまま、歯を巻き込むようにデンタルフロスで歯を支点にして、引っ張り、そのままの状態で、歯の側面に沿って、デンタルフロスを何回か上下させます。逆側の側面も同じように行います。
7.両側の歯の側面を同じように上下動させたら、歯からはずします。次の歯間を同じように行うときは、デンタルフロスの同じ箇所を使わないように、片側の中指に巻き込んでいたデンタルフロスを緩めて、反対側の中指は新たにその分だけ巻き込みます。以下、同じようにして続けて生きます。

デンタルフロスフロッシングを行うときの注意点として、初めて行うと出血する場合があります。多くの人が、歯垢(プラーク)のために炎症を起こし、出血しやすくなっているので、最初の内は、多くの人が出血します。あまり、すぐには心配することはありません。 いつまでも出血するようであれば、医師に相談しましょう。

ページトップへ戻る
Copyright(C) Dental Guide All Rights Reserved.