デンタルガイドトップ歯ブラシ電動歯ブラシってどういうもの?

電動歯ブラシってどういうもの?

電動歯ブラシの定義、意味。機能を知る

一般的には、電動歯ブラシは、広義の意味では、ブラシの部分を電気の力で振動または回転させるなどして、手で歯を磨く動作をすることなく、歯についている歯垢(ぷラーク)を除去する、また除去しやすくする歯ブラシのことです。

広義の意味での電動歯ブラシには以下の3種類があります。

1)電動歯ブラシ(狭義の意味)

普通の歯ブラシを、手で動かして歯磨きするところを、手の変わりに電動歯ブラシが変わりに行ってくれるという機能を持っています。

一般的な電動歯ブラシの振動数は毎分3000回〜多くても1万回となっています。

最近は、100円ショップでも電動歯ブラシとして、販売されるようになってきていますが、そのような商品は、振動数も小さく、壊れやすいので注意が必要です。

2)音波歯ブラシ

電動歯ブラシ

電動歯ブラシの毎分の振動数3000回〜1万回に対して、その振動数を大幅にアップさせ3万回〜4万回としたのがこの音波歯ブラシです。

動きの違いでは言えば、電動歯ブラシはブラシ部分がまさに手で歯を磨くときのように動くという感じですが、音波歯ブラシは、ブラシ部分が非常に細かく振動するという感じの違いがあります。

振動を高速にしたことにより、電動歯ブラシよりも、より効果的に歯垢(プラーク)を落とすことができます。

電動歯ブラシは、ブラシがあたっている部分だけが歯垢(プラーク)が落ちますが、音波歯ブラシでは、ブラシがあたっていない先、2〜3mmまで歯垢を落とすことができています。

音波ブラシというネーミングは毎分3万回〜4万回と言う高速な振動数が音波を発生させているところからネーミングされているのでしょう。

人間の耳で聞くことが出来る音の振動数が音波と呼ばれ、通常、毎秒約20回〜2万回(表記は16Hz〜2万Hz)で、毎分に直すと、1200回〜120万回となります。

音波歯ブラシは260Hz前後の音波を発生させています。

電動歯ブラシも、音波の範囲内の振動数ですが、この程度の振動数では音波を発生させていないようです。

また、「電動」よりも「電波」の方がハイテクのように聞こえることも音波歯ブラシのネーミングの理由の一つかもしれません。

3)超音波歯ブラシ

歯

超音波歯ブラシは、電動歯ブラシの振動数を更に上げたものではなく、歯ブラシのヘッド部分に超音波発生装置を組み込んだもので、振動ではなく音波を発生させています。

超音波ですから、毎秒2万回を超える振動数の音波を発生させて、歯垢(プラーク)を除去させやすくしたり、超音波がもつ効果を生かして、歯周病菌などの細菌の除去を行ったり、骨や歯肉の細胞を活性化させ、歯周病の治りを促進させる効果を期待するものです。

この超音波歯ブラシは、音波歯ブラシのように振動しないので、歯垢(プラーク)をしっかり除去するためには、普通の歯磨きのように磨くことが必要です。

歯垢(プラーク)ははがれやすくなっているだけで、勝手にはがれ落ちる訳ではないので、磨く動作が必要になります。歯を手で磨くのが面倒だから広義の電動歯ブラシを購入したいと言う人は間違っても超音波歯ブラシを購入してはいけません。

これらの電動歯ブラシ、タイプ別に購入が適している人は以下の通りとなります。

・歯は特に悪いところがないが、歯磨き時間を出来るだけ短くした人:電動歯ブラシ、または電波歯ブラシがお勧めです。手を動かしたくない人は電波歯ブラシが良いでしょう。
・手が動かしにくい人(腕の怪我、高齢者、身体障害者など)、口腔ケアを行っている人:電動歯ブラシ、または音波歯ブラシがお勧めです。
・歯磨き時に無意識に力が入りすぎる人、歯の矯正治療中の人:音波歯ブラシがお勧めです。歯の矯正治療中は、歯が汚れやすいのでブラシがとどかないところも歯垢(プラーク)が取れる音波歯ブラシがお勧めです。
・歯周病治療中の方:歯周病菌を除去しやすく、また、骨や歯肉の細胞を活性化させることで歯周病が早く治ることが期待できるので超音波歯ブラシがお勧めです。

Copyright (C) Dental Guide All Rights Reserved.