トップページ > 歯ブラシ > 歯磨き粉の選び方

歯磨き粉の選び方Toothbrush

歯磨き粉はフッ素入り、研磨剤なしが基本です

ピカピカの歯

歯磨き粉には、実に多くの成分が含まれています。その目的とするところは、歯垢(プラーク)の分解・除去・付着防止、歯質強化、再石灰化促進、虫歯の予防、歯肉炎・歯周炎の予防、血行促進、殺菌、口臭防止、たばこのヤニ除去などがあります。 しかし、歯磨きの一番の目的は、歯垢(プラーク)の除去です。そして、極論を言うと、歯垢(プラーク)は、ブラッシングで除去できるので歯磨き粉は不要と言うこともできます。ただ、歯垢(プラーク)以外にも、別の目的がある場合は、それにあわせた歯磨き粉を使うことは理に適っています。 ごく、一般的に言うと、フッ素入りで、研磨剤なしの歯磨き粉がお勧めです。歯垢(プラーク)以外の目的には、ブラッシングでは落ちないたばこのヤニなどの除去や、知覚過敏症の症状があれば、それを抑える働きのある成分を含む歯磨き粉を使うことはブラッシングと同時にできて有効です。 基本をフッ素入り、研磨剤無しにして、後は、個人、個人の目的に沿って、必要とする働きのある成分が多く含まれている歯磨き粉を選ぶと言うことになります。 フッ素入りといっても、ほとんどの歯磨き粉にはフッ素は含まれています。ただし、成分名としは、フッ素とは書かれておらず、モノフルオロリン酸ナトリウム ・ フッ化ナトリウム ・ フッ化第一スズと表記されているので勘違いしないようにする必要があります。

尚、忘れてはならないのは、あくまでも歯垢(プラーク)を取り除くための歯磨き(ブラッシング)であるということです。例えて言うと、何かの病気で、熱が出たときに、解熱剤を飲んでいても、一時的に熱は下がるかもしれませんが、熱の出る本当の原因を治療しないと、いつでも、またすぐに熱がでることになります。 尚、歯垢(プラーク)を取ることはブラッシングだけではないことも知っておく必要があります。歯垢(プラーク)を取るのに大きな比重を占めるのはブラッシングですが、その他に、虫歯を治す、歯石をとる、規則正しい食生活、繊維質食品をよく噛んで食べるなどがあります。 虫歯、歯石は、歯垢(プラーク)を付きにくくします。また規則正しい食生活は、虫歯菌によって歯垢(プラーク)が付きにくい口腔内環境を作ります。繊維質の多い食品を良く噛んで食べることで、歯垢(プラーク)が歯から落ちやすくなります。

では、成分ごとの効果を見ていきましょう。

虫歯予防

成分:モノフルオロリン酸ナトリウム ・ フッ化ナトリウム ・ フッ化第一スズ ・デキストラナーゼ
効果:デキストラナーゼは歯垢(プラーク)を分解する酵素です。モノフルオロリン酸ナトリウム ・ フッ化ナトリウム ・ フッ化第一スズはフッ素化合物で歯質を強化します。フッ素は単体ではなく化合物で配合されます。
*歯周病予防にはこの成分入りを購入します。ただし、大半の製品に配合されています。

歯周病予防

成分:塩化セチルピリジウム ・ 塩化ベンゼトニウム ・ トリクロサン ・ トラネキサム酸 ・グリチルリチン酸 ・ 塩化ナトリウム ・ ビタミンE ( 酢酸トコフェノール )
効果:歯肉の血行をよくし、歯周病菌の殺菌、歯肉の炎症を抑えるなどの効果があります。
*歯周病予防にはこの成分入りを購入します。

知覚過敏予防

成分:乳酸アルミニウム ・ 硝酸カリウム
効果:知覚過敏症状(歯がしみる)を防ぎます。
*知覚過敏予防にはこの成分入りを購入します。

タバコのヤニの溶解 タバコのやに除去、歯石防止

成分:ポリエチレングリコール ポリリン酸ナトリウム
効果:タバコのヤニをとります
*たばこのヤニ落としをしたいときは、この成分入りを購入します。

研磨剤(清掃剤) 水酸化アルミニウム

成分:酸化アルミニウム・無水ケイ酸(シリカ)リン酸水素カルシウム
効果:歯垢や取り除き、歯を白くする
*研磨剤を避けたいときはこの成分の表示のない歯磨き粉を購入します。

発泡剤

成分:ラウリル硫酸ナトリウム・ラウロイルサルコシンナトリウム
効果:歯磨き粉を泡立ちよくします。

ページトップへ戻る
Copyright(C) Dental Guide All Rights Reserved.