トップページ > 歯ブラシ > 超音波歯ブラシとは?

超音波歯ブラシとは?Toothbrush

電動歯ブラシ3つのタイプをしっかり理解して活用しましょう

まず、電動歯ブラシと音波歯ブラシ・超音波歯ブラシとの違いを明確にしておきましょう。

1)電動歯ブラシ

電動歯ブラシは、人が普通の歯ブラシを使って歯を磨くときのような動き(振動・回転数)を電気の力で行います。自分で磨くのではなく、電動歯ブラシが自動で磨いてくれるイメージです。 尚、中には、100円ショップで売られているようなものでは、普通の歯ブラシのように、自分で動かさないと、歯垢を落とせないような電動歯ブラシもあるので注意が必要です。通常、電動歯ブラシは、その動きの回数は毎分3000回から多くても1万回以下です。

2)音波歯ブラシ

歯

音波はブラシは、電動歯ブラシの動きを更に高速化したものです通常、音波歯ブラシの動きは動き(振動・回転数)は、毎分3万回〜4万回です。歯垢を取る原理は電動歯ブラシと同じで機械的に取りますが、高速で振動・回転することで以下の電動歯ブラシでは得られない以下のメリットが生じます。

・歯の汚れや黄ばみ(ステイン)が取れます。
・だ液中で多数の微少な泡が発生し、その泡が潰れることで生じる効果で、歯ブラシの毛先が届いていない2〜3mmの部分まで歯垢(プラーク)を除去します。
・毛先の届きにくい歯頸部や歯間の歯垢を効果的に落とします。
・発生した音波で口の中の細菌に直接作用して、歯に付着した頑固な細菌を除去します。尚、歯垢の全てが音波歯ブラシで取れるわけではありません。

3)超音波歯ブラシ

歯医者さん

超音波歯ブラシの説明の前に、音波について理解をしておきましょう。音波とは人間の耳に聞こえる音の振動数のことで、毎秒16回から2万回(16Hz〜2万Hzと表記)です。超音波はこの毎秒2万回(毎分に治すと120万回)を超える振動数の音のことです。当然、人間の耳には聞こえません。そう、超音波歯ブラシは、この超音波の振動数を発生する装置が、歯ブラシのヘッド部分に内蔵されている歯ブラシのことです。超音波歯ブラシには、以下のような効果があります。

・高振動エネルギーによる汚れ、細菌の除去、殺菌を行います。超音波による大きな振動エネルギーは、めがねの超音波洗浄器にも利用されているように、汚れを強力に落とす力があり、歯垢をはがしやすくします。また、歯に付着した細菌も除去し、菌そのものも破壊し、殺菌効果が得られます。 音波歯ブラシでは、はがせなかった歯垢の一成分である不溶性グルカンも破壊し、除去しやすくします。尚、欠点としては、歯ブラシの先は、ほとんど振動しないので、歯垢を除去するには、歯ブラシの毛先を動かす必要があります。
・毛先が細く、歯周ポケットに入り込んで、歯周病菌を除去します。
・歯周ポケット内のバイオフィル(歯周病菌などの細菌が集まったフィルム状の塊)をはがします。
・骨や歯肉の細胞を活性化し、歯周病の治りを促進する効果が期待できます。
・骨や口腔内傷への治癒効果画期待できます。超音波歯ブラシは、このように優れた効果が期待できます。その効果を最大限に生かせる利用者はというと、歯周病の治療中の人、または歯茎が弱っていたり、炎症を起こしているようなことが分かっている人になります。超音波によって、骨や歯肉の細胞を活性化させることで、歯周病の治療や予防の効果が期待できます。

注意点として、超音波歯ブラシを使用するときは、普通の歯ブラシのように動かして歯を磨く必要があります。間違って、音波歯ブラシで磨くときのように、ただ歯から歯へ移動させているだけでは効果が発揮できません。また、歯磨き剤を使用すると、故障が起きやすい、および歯磨き剤に含まれる研磨剤が歯や歯肉に良い影響を与えないので使用しないようにしましょう。もしくは、使用する場合は、液体タイプまたはジェルタイプの低研磨剤歯磨きにします。

ページトップへ戻る
Copyright(C) Dental Guide All Rights Reserved.