トップページ > ホワイトニング > FAP(フッ化アパタイト)ホワイトニングは歯にとって一番優しいホワイトニング方法です

FAP(フッ化アパタイト)ホワイトニングは歯にとって一番優しいホワイトニング方法ですWhitening

歯にとって一番優しいホワイトニング、FAP(フッ化アパタイト)

薬剤

ホワイトニングの施術方法はいくつかありますが、歯にとって一番優しいホワイトニングといったらこのFAP(フッ化アパタイト)ではないでしょうか。この方法は15年ほど前から行われている方法で、そのホワイトニング剤には、フッ素とリン酸、ハイドロキシアパタイト成分等が入っています。「再石灰化」といわれる、歯を強化しつつホワイトニング施術を行うので、歯そのものを強くする事が可能です。優しい分、レーザーホワイトニング施術よりも多少効果は落ちるようですが、このFAP(フッ化アパタイト)方法は、一般のホワイトニングよりも色戻りが少ないという報告もあるようです。 施術工程としては、歯の表面の汚れを取り除くクリーニング作業をした後、FAP(フッ化アパタイト)を歯に塗り吸着させます。これにより歯の強化や、ステインやポリフェノールなどの色素沈着の原因になる物質をガードする事ができ、FAP(フッ化アパタイト)を塗った厚みで歯を白く艶やかに見せることができるのです。

素敵な笑顔で若々しく毎日が遅れたら、とても素晴らしい

歯医者さん

ホワイトニングの施術の回数は個人や施術方法によって様々です。一回で済む方から5回6回と通院する方もいらっしゃいます。このFAP(フッ化アパタイト)方法は、歯にとってダメージは極力少ないのですが、その分治療回数が若干多いという事があります。一般的には5回から10回の施術をされる方が多いようですが、その分料金も5万円から10万円前後とされているところが多く見られます。費用は歯科医院や審美歯科によって様々ですので、カウンセリングへ行く前に、ホームページを見てみたり、電話などで尋ねてみるのもいいでしょう。 費用は少しかさむ事になるかもしれませんが、より安全で歯へのダメージを極力少なくしたいという方には適しているかもしれませんね。しかし、せっかく高い費用を払っても、効果が望めなければあまり意味がありませんね。ご自分の歯の状態がこのFAP(フッ化アパタイト)方法にマッチしているのかどうか、カウンセリングで先生に相談してみると良いでしょう。 年齢を重ねると、元気だった自分の歯もだんだんと変色し薄くなっていきます。これはどんな人にだって訪れる悲しい現実です。その疲れきった歯をホワイトニングでブリーチするよりも、このFAP(フッ化アパタイト)方法で歯を強化しながらホワイトニングしてもらうほうが安心できる、というかたもいらっしゃいます。また、このFAP(フッ化アパタイト)方法はホワイトニングと同時に虫歯の予防も出来ると話題になっているようですので、そちらの効果も期待できますね。 ここまでFAP(フッ化アパタイト)がわかれば、後は歯科医院や審美歯科へ行って、このFAP(フッ化アパタイト)方法が自分にあっているか、カウンセリングを受けるだけです。最近では市販でこの成分が含まれているようなホワイトニング薬剤が入っているものもあるようですが、ご自分の安易な判断で使用される前に、是非専門の先生に相談してみてください。市販されているものの多くはアメリカなどからの輸入品が多いようですが、安全だと言われているものであっても、まずはご自分の歯の状態がわからなければ心配です。何かトラブルがあってから診察しても「遅かった」となることもあるかもしれません。まずは初診で相談してから実行することをお勧めします。 まずはカウンセリング。そして、条件が合えば、このFAP(フッ化アパタイト)方法で、強く健康的な白い歯を手に入れてください。素敵な笑顔で若々しく毎日が遅れたら、とても素晴らしいでしょうね。

ページトップへ戻る
Copyright(C) Dental Guide All Rights Reserved.