トップページ > ホワイトニング > 高額なラミネートベニア。前歯の完成度は最高峰

高額なラミネートベニア。前歯の完成度は最高峰Whitening

ラミネートベニアとは?

ラミネートベニア

ホワイトニングを希望される方で、遺伝的な要素があるものや、歯の内部からの変色が原因のものなどは、一般のホワイトニング薬剤を使った施術方法では効果が得られません。歯を白くしたいと考える方にとっては、ホワイトニングできないとなると、どうしようもないのか考えてしまいますね。 そんな方の為にあるのが、このラミネートベニア方法です。概要としては、患者の希望する色の薄いセラミックスを付け歯としてコーティングする。といったものです。接着剤のシェルは250キロ装着力がありますので外れることは殆どないようです。よく聞かれる「すきっ歯」などもこの方法で治療されることが多いようです。治療期間も少なく、歯科医院や審美歯科によっては一日で出来るところもあるようです。つけ爪感覚で出来ると、若い方にも人気があります。芸能人やモデルさんの多くはこちらの施術方法を用いられているのではないでしょうか。半永久的に白い歯でいたいという方や、歯の形そのものを変えたいという方にもこの方法が使われます。 また、このラミネートベニア方法を薦める方に、テトラサイクリンという抗生物質が原因で内側から変色してしまった方がいらっしゃいます。このテトラサイクリンは昭和40年前後に子供の風邪薬シロップとして一般家庭に使用されていたもので、飲用した子供の永久歯が変色するという症例が多く見られた事で知られています。その変色の度合いは軽く黄ばんでいるものから、黒ずんでいる重度のものまであります。こんな方々に有効なのが、ラミネートベニア施術ではないでしょうか。 このラミネートベニア方法は主に前歯に使われますが、それはセラミックなどの薄いシェルは割れやすいというデメリットがあり奥歯などには適さないという事のようです。 しかし、最大の難点は、一本のラミネートベニアで8万円から12万円前後とされる高額な料金でしょう。前歯の主な6本をラミネートベニアで施術した場合、70数万円もかかってしまうことになります。気が遠くなられる方もいらっしゃるのではないでしょうか。料金はこれだけかかりますが、このラミネートベニア施術は10年もつと言われています。これが長いか短いかは個々の意見があるでしょうが、現在あるホワイトニングの方法ではもっとも感性率の高いものではないでしょうか。

ラミネートベニアの料金は高い?

歯

よくこの歯に100万はかかった。などという方がいらっしゃいますが、そういった方はこのラミネートベニア施術を受けた方だと思われます。「ラミネートベニア」をインターネットで検索するとたくさんの情報が閲覧できますね。ラミネートベニア施術のアフターとビフォアの歯のアップ画像が見られますが、画像を見ただけでも完成度の高さは見て取れますね。料金の高さは否めませんが、これだけ完成度の高い美しい歯が手に入るのなら挑戦してみたいという気になってきます。諦めていた自分の歯が生まれ変わるのは、新しい人生を手に入れたかのように素晴らしいことです。ご自分の予算の事も考えなければいけませんが、その先の人生や性格が劇的に変われるかもしれません。それを考えると、あながち「高い高い」と諦めてしまうのは、少々もったいない気がしますね。長年頑張ってきた自分と自分の歯を労うために、はじめるのも良いでしょう。 歯科医院や審美歯科によってはカード決済ができるところもあるようですから、新古車を買ったと思ってドアを叩いてみたいところです。また、ラミネートベニア施術と歯科矯正を同時に行うことで10%から15%の割引が可能というところもあるようですから、これを期に歯並びも整えてもらうのも一つかもしれませんね。

ページトップへ戻る
Copyright(C) Dental Guide All Rights Reserved.