デンタルガイドトップホワイトニング歯磨きでホワイトニングはできる?

歯磨きでホワイトニングはできる?

生まれたての頃のような白く輝きの歯

歯

歯科医院や審美歯科などにも一度も行かず、ただ歯を磨けば生まれたての頃のような白く輝きの歯が戻る。

これができたら夢のようですが、近年の医療技術や新薬の登場で、もしかして夢ではなく可能なのではないか・・・。

実際のところどうなんでしょう。

インターネットや雑誌の広告などで、「ホワイトニング」という文字が全面的に出ている歯磨き粉の画像など見かけます。

何やら全部英語で書かれているものも見られますね。

歯磨き粉で効果が出ない?

歯ブラシと歯磨き粉

歯磨き粉の成分は主に研磨剤や防腐剤、香料、ペースト成分があげられます。

一方、ホワイトニングの主な成分は過酸化水素と過酸化尿素です。

実はこの二つは歯磨き粉には入ってないんです。

現在の日本ではこのホワイトニング薬剤の成分が入った歯磨き粉を販売することは禁止されています。

アメリカより輸入した歯磨き粉などはこの成分が入っていますが、ホワイトニング薬剤の濃度は低いため、それ自体を使ったとしてもホワイトニング効果に関しては、残念ながら望めないというのが現状です。

では「ホワイトニング効果」をうたっている歯磨き粉はどうなのかというと、その効果は歯科医院や審美歯科などで行う「クリーニング」に近いものと言えるでしょう。

主に茶渋(ステイン)やヤニなどの表面的な汚れを落としたり、それらが付着しにくくさせたりといった効果は望めます。

ホワイトニングという言葉にウソは無いものの、歯科などで行うホワイトニング剤をつかったホワイトニングとは異なるということを知っておいた方が良いでしょう。

この歯磨き粉で効果が出ない方というのは、遺伝的に黄色がかった歯や加齢による黄ばみ、歯の神経を抜いたために起こる黒ずみといったものです。

まずは自分の歯の状態が何が原因で起こっているものなのかを把握してみると、必要なのは歯磨き粉なのか、それとも歯科医院や審美歯科のホワイトニングなのかなどがわかりますね。

表面的な汚れが原因の方の場合、わざわざ歯科医院などに行かなくても歯磨き粉だけ購入することで解決することもあります。

そんな症状の軽い方は、毎日の歯磨きの仕方や歯磨き粉の種類、普段の生活習慣を見直してみるのも予防の一つではないでしょうか。

普段の生活習慣でタバコを吸われる方やコーヒー紅茶が好きな方は要注意ですね。

歯磨きの仕方も、一度専門の歯科医院や歯磨き教室などで習ってみると参考になるかと思います。

一般的に30分は磨きましょうと言われますが、それは歯の表面が平らではないからです。

誰にでも多少のおうとつがあるので、時間を掛けて念入りに磨かなければ、ステインやヤニなどを除去するのは難しいのです。

歯磨き教室などが推薦する歯磨き粉というのは研磨剤が細かく泡立ちが少ないものです。

無駄な成分が多い市販の歯磨き粉ではなく、こういった専門的な歯磨き粉を使うのも一つの方法です。

ホワイトニング効果と書かれた歯磨き粉で研磨剤の粒が大きいものがありますが、これは歯を傷つけるだけでなく、傷から出来た表面の溝に、あらたなステインやヤニを留まらせる事にも繋がります。

歯石や歯垢を落とすという利点もありますが、注意しておきたいところでもありますね。

自分に適したホワイトニングの方法を

歯磨き粉

皆さんはどんな歯磨き粉を使ってますか?CMにでているような一般的なもの、歯磨き教室や歯科が勧める余分な成分が入っていないもの、ホワイトニング効果が望めるという謳い文句のもの。

歯磨きでのホワイトニングには限界があります。

遺伝的要因の可能性の方や、加齢によるものが要因の方は、専門の歯科医院や審美歯科でカウンセリングを受け、自分に適したホワイトニングの方法を聞いてみましょう。

中には高額なものもあるので、自分の予算にあったホワイトニング方法の中から自分の歯に適するものをあげてもらうというのが一番早い方法ではないでしょうか。

Copyright (C) Dental Guide All Rights Reserved.