トップページ > 親知らず > 親知らずを抜歯するなら、どのような歯科がいいの?

親知らずを抜歯するなら、どのような歯科がいいの?Wisdom tooth

しっかり話を聞いてくれる歯医者さんが望ましい

歯医者さん

一般にいい歯医者さんというのは、どういう歯科でしょうか。 やっぱり痛くない歯科医がいいという方が多いのではないでしょうか。 あとはやさしそうな、仕事のていねいそうな歯医者さん。 でも、親知らずを抜いてもらうなら、腕力のありそうな先生の方がいいかもしれないし…、悩ましいですね。

歯の治療は痛くてコワイものだというイメージはまだまだ根強いですが、麻酔の技術が進化し、今では痛みを感じさせずにほとんどの治療ができるようになりました。 ていねいに治療をすれば、たいていのことは痛くさせることなくできるのですが、根幹治療といって神経をとってしまった菅を消毒するときの処置などの場合は、痛みを与える心配ばかりをしていたらきちんとできないこともあります。痛みを恐れるばかりに悪いところをしっかり治療しない歯医者さんはあまりお勧めできません。 まずは、あなたのこまごまとした話に慎重に耳を傾け、適切な処置をしてくれる歯医者さんがお勧め。特に、親知らずの治療の場合は、抜くべき抜かざるべきか、患者さんが悩むことが多いので、しっかり話を聞いてくれる歯医者さんが望ましいでしょう。

大学病院の口腔外科の歯科医などがおすすめ

歯

親知らずは、私たちの人生にとって、大きな意味のある歯です。歯医者さんは、虫歯や歯肉炎になっていてもなっていなくても、その歯が今後、患者さんの生活や人生にどのような影響を与えるかを考えて、治療手順や方法を決断し、患者さんを説得しなければなりません。患者さんに気に入られることばかり考えず、患者さんの不安を取り除き、時には、患者さんのいう無理をたしなめ、正しい治療に導く強さを持つことが必要です。 一般に、親知らずの抜歯が上手な歯医者さんとは、やはり普段から抜歯の数をこなしている歯科医が上手なことが多いようです。親知らずの抜歯は、普通の歯の抜歯に比べ、ややリスクが高いものですし、器具が到達できないと抜歯できません。親知らずは口の奥にあるために、手前の歯や頬の粘膜、骨などが邪魔になって普通の歯よりも、麻酔も抜歯も難易度が高くなります。また、抜歯が必要となる親知らずは、横向きに生えていたり、斜めに生えてきたり、あるいはあごの骨に歯が隠れていることも多く、歯茎を切ったり、骨や歯を削ったりの作業が必要になることもあります。確かに、親知らずの抜歯技術は、歯科医によって大きな差があります。外科手術と同じで、手術例の実績が物をいうわけですね。 親知らずの抜歯を最も多くこなしているのは、たとえば、大学病院の口腔外科の歯科医や、口腔外科出身の歯科医でしょう。親知らずの抜歯が得意そうな先生を探すには口腔外科というキーワードで探してみるのがいいかもしれません。

特に、横向きに生えた親知らず(下顎水平埋伏智歯)を抜くのは熟練した歯科医にとってもかなりのストレスであると言われます。時間はかかるし、抜いた後は痛いのは当たり前で、患者さんからあまり感謝はされないし、抜歯後のケアも注意しなければならず、しかも、そのわりに保険点数が低いので、技術があっても他に紹介する歯科医がいるといわれるほどです。 ただ特別な設備や薬が必要なわけではないので、開業医でも抜歯はできます。大学病院などを紹介すると言われたら、ある程度経験のある歯科医を指名で紹介状を書いてもらうようにお願いしてみましょう。大学病院などの口腔外科を飛び込みで受診すると、研修医にあたる場合もあるので避けた方が賢明です。

ページトップへ戻る
Copyright(C) Dental Guide All Rights Reserved.