デンタルガイドトップ親知らず親知らずにはどんな種類がある?

親知らずにはどんな種類がある?

親知らずの生え方

親知らず

親知らずの種類は、上の親知らず、下の親知らずという分け方もありますが、まっすぐ普通には生えないことが多いので、その生え方によって分類されることが多いようです。

生え方による種類は3種類。

1つは、まっすぐ普通の歯と同じように生えてきているタイプ。

2つ目は斜めに生えているタイプ。

親知らずの一部が見えて、傾斜して、手前の奥歯にぶつかっているようなタイプです。

そして、3つ目が、横向きに生えた親知らず(水平理伏智歯)で、これは歯茎や骨の中に埋まっている場合もあり、虫歯や炎症などを起こしやすく、隣り合う健康な奥歯に悪影響を及ぼすことも多い厄介な歯です。

この生え方の種類によっては、ふだんの歯磨きの仕方も変わってきますし、抜歯するかどうかの判断も変わり、さらには治療や抜歯する際の大変さも変わってくるのが親知らずの特徴です。

どのタイプの親知らずかはレントゲン撮影ですぐにわかります。

また親知らずは、生え方だけではなく歯の形状にも種類があります。

退化傾向にあるので、完全な奥歯の形をしていない未熟な形が多く、歯の根が開いているタイプや、デコボコとしたタイプの親知らずもあります。

こうした変形は抜歯して初めて確認されることも多いようです。

親知らずのケア

歯磨き

さて、まっすぐタイプの親知らずは、普通の奥歯と同じように生えてきているので、トラブルは少ないのですが、奥にあるので歯磨きがしにくく、頬の内側との間の部分の汚れが落ちにくいので汚れや歯垢が溜まりやすくなります。

自分でできる歯肉炎や虫歯予防としては、きちんと歯磨きして、十分にブラッシングすることが必要です。

また、親知らずが生えてくると歯の前方の部分から、歯茎が肉割れを起こしたように開いて歯が見えるようになります。

この肉割れしている部分にも汚れや歯垢がたまりやすく、虫歯になりやすいので、歯の奥の部分の汚れをとるようなイメージでしっかり磨くことが大切です。

まっすぐタイプの場合、抜歯せずにそのままにしておくことも多いですが、あごの奥にそれ以上のスペースがない場合などは抜歯が勧められます。

抜歯の難易度は、通常の奥歯の抜歯と同じか、やや高めと考えておくとよいでしょう。

斜め傾きタイプの親知らずは、親知らずの一部が見えるタイプで、親知らずが歯茎の表面に対して斜めに生えてしまい、手前の奥歯にぶつかって移動することができない状態です。

ぶつかっている手前の歯とのすき間に汚れが溜まりやすいので、親知らずと、手前の奥歯の境目を横方向に、すき間から汚れをかき出すイメージで磨くことが大切です。

斜めに傾いて生えている親知らずは、時間が経ってもまっすぐにはなりませんので抜歯を勧められることが多いようです。

まっすぐのタイプより、抜歯の難易度は上がります。

下あごの親知らずでは頻繁に見られるタイプですが、上の親知らずでは稀です。

横向きに生えた親知らず(水平理伏智歯)は、親知らずが完全に倒れ込み、まったく見えず、骨の内部で手前の奥歯の根元の部分を横から押すような形で生えてしまっている状態です。

ほとんどが下あごで起こります。

ケアは、口の中で見える最後の方の部分の歯と歯茎の境目がポイントです。

この手前の歯の最後の方が入口となって、親知らずへ炎症が拡がっていくことがあるので、しっかりブラッシングをすることが大切です。

抜歯するには、あごの骨を少し削ったり、親知らずを割って2〜3個に分離してから取り出したりと難易度は高くなります。

また、横向きの親知らずは、下あごの骨の下にある神経の近くにあることがおおいため、神経が刺激されて抜歯後しびれたような感じが残るリスクが高くなります。

Copyright (C) Dental Guide All Rights Reserved.