トップページ > 親知らず > 親知らずの治療方法・抜歯方法とは?

親知らずの治療方法・抜歯方法とは?Wisdom tooth

親知らずは他の歯よりも抜歯が難しい

レントゲン

歯の治療は痛くてコワイものだという昔からの世間の噂がまだまだ根強く広まっているのでしょう。とりわけ親知らずを治療する、抜くと聞くともう殺されそうに怖がる人がいるようです。麻酔の技術が開発される前の大昔ならともかく、今では痛みを感じさせずにほとんどの治療が受けられるようになっています。 親知らずの治療といっても、必ず抜くわけではないですし、抜くとしてもすべてが大変になるというわけではありません。歳を取ってからの抜歯は大変というイメージもありますが、基礎疾患などがなければ抜歯そのものにはあまり影響はありません。

まず、親知らずが痛むというとき、虫歯ではなく、歯茎のまわりに汚れがたまって炎症を起こしている場合もあります。歯茎が炎症を起こしていて、消毒して服薬で治ればよいですが、痛みや腫れが再発を繰り返すようなら、抜歯することが勧められます。ただし、あまり腫れや炎症が強い場合は、出血が起こりやすくなるので、抜歯は行わず、まずは炎症を抑える薬物治療などを優先させるのが一般的です。 虫歯が小さければ治療できる場合もありますが、一度虫歯になってしまったら親知らずを治療してもまた虫歯になってしまう可能性が高いようです。神経に達するような大きな虫歯になっている場合も、完全に治療することが難しいので抜歯することが多いようです。

実は、歯科医にとっても、奥にある親知らずの神経の治療を完全にするのは、とても難しいといわれます。歯科医の手が小さいと奥まで届きにくいし、大きいと入口のところで止まってしまうので、親知らずの位置まで手を突っ込んで思うように手を動かして治療ができる歯科医は少ないようです。まれに、口を大きく開けられる患者さんならば、他の歯と同じように治療ができることもあるぐらいです。

そこで、親知らずの治療法としては、抜歯が多くなってきます。抜歯にも、親知らず特有のリスクはあります。口の中の奥にあるため器具が入りづらく、他の歯よりは治療が抜くのが難しく、時間がかかったり、1回で抜くことができない場合があります。 また、親知らずは、横向きや斜めに生えていたり、普通の歯より退化傾向にあるため、骨の中にもぐりこんでいたり、抜歯しにくいような複雑な形をしている場合があり、歯の凹凸が骨にひっかかり抜きにくいことも多いようです。また抜歯後のリスクも、他の歯よりは高く、2日から2週間程度腫れや痛みが続くことがあります。

上顎(あご)の親知らずと下顎(あご)の親知らず

親知らず

一般的な抜歯方法として、上あごの親知らずで普通に生えている場合は、歯の奥側に厚い骨がないので、ほとんどが普通の抜歯のようにすぐに抜け、抜歯後の痛みなども少なくなります。横を向いて生えている場合は、抜歯は少し難度が高くなります。上あごの親知らずの抜歯に伴うリスクとしては、上顎洞の感染が考えられます。 下あごの親知らずの場合は、横向きに生えている場合が増え、抜歯の難易度は高まります。また、上より下の骨の方が密度が高く、歯が固いことも抜歯を難しくします。 横向きに生えてきた親知らずの場合は、まず、歯の頭の部分を縦に切断して取り除き、次に残った根っこの部分を、頭を除去することによってできたすき間から引っ張り出すことになります。根っこがまがっている場合は、根っこを二つに分割することがあります。骨に深く埋まっている場合は、骨を削る必要が出てきます。上あごと違って、歯の奥側に硬い骨が存在しているので、骨が邪魔でなかなか抜けないケースもあります。抜いた後の痛みも、下の方が強いようです。また、下あごの親知らずの場合、太い神経(下歯槽神経)が根の下あたりに通っており、これを損傷すると麻痺が出ることがあります。めったにないことですが、リスクとしては考えておく必要があります。 親知らずの抜歯のリスクが高い場合は、入院して、全身麻酔での抜歯を勧められることもあります。

ページトップへ戻る
Copyright(C) Dental Guide All Rights Reserved.