トップページ > 親知らず > 親知らずって、どんな歯?

親知らずって、どんな歯?Wisdom tooth

歓迎されない歯「親知らず」

歯

あなたは親知らずがありますか。 もう抜いてしまいましたか。 まだ、生えてきませんか。 ズキズキし始めて、歯科に行こうかどうしようか、悩んでるところ? しかも歯医者さんが実は大嫌い、抜くのもガリガリされるのもコワイ。 それはなんとお気の毒な…。 でも、親知らずで悩んでいるのは、あなただけではありません。 「親知らず」と聞くと、なんだかめんどう…とか、抜くのも大変そうだし、虫歯になったら痛そう、治療にお金がかかりそうなどなど、マイナスのイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。せっかく生えてくるのに、こんなに歓迎されない歯もありませんね。

親知らずとは?

歯医者さん

そもそも親知らずとは、口の中のいちばん奥、 六歳臼歯の奥の第二臼歯の、そのまた奥に生えてくる最後の歯です。18歳から20歳ごろ、もうオトナになってから生えて来る人が多いため、この名前があります。 私たちのご先祖、原始人は上下左右、4本の親知らずがきちんと生え、しっかり役目を果たしていたようですが、原始人に比べてずいぶんアゴが小さくなってしまった現代人にとっては、第二臼歯が生えるだけでせいいっぱいのところに割り込んで生えてくるため、退化傾向にあるといわれています。4本全部は生えてこない人も多く、小さかったり、横向きに出てきたり、歯茎のなかに埋まったままだったり、中にはまったく生えてこない人もいます。加工品やファーストフードなど、柔らかいものを食べることが多い私たちの食生活に、親知らずという歯の存在は、調和しなくなっているということでしょうか。

一般に永久歯列は第二臼歯までの28本を指し、親知らずを含めると成人の永久歯は32本生えそろうことになります。 しかも、親知らずはトラブルメーカーです。 生えてくるスペースが狭くて、親知らずが小さかったり横向きだったりする場合、生えてくるときに歯肉に炎症を起こしたり、親知らずと対向するアゴの歯肉を傷つけたり、頬の内側の粘膜を痛めたりするのです。 生えてきてからも、歯ブラシが届きにくいほど奥に出てくるので、歯磨きが行き届かず、不潔になりがちで、歯のまわりに歯肉炎を起こしたり、虫歯になりやすいものも困りものです。上と下、右と左にちゃんと生えてこないことも多いので、噛み合わせのバランスが悪くなり、アゴが痛くなったり、肩こりがひどくなる人もいるようです。

しかも、親知らずが生えてきたり、トラブルを起こしたりするのは20歳ごろ。そのため、大学受験や就職試験など人生に大きな影響を与える大切な時期に、ズキズキし始めたり、抜くかどうしようか悩んだりということにもなりがちです。 さらに女性の場合は、妊娠と親知らずという問題もあります。 妊娠すると、つわりで吐き気がするために歯磨きがおろそかになったり、ホルモンの影響で虫歯などの歯のトラブルに見舞われやすくなります。しかし、妊娠中に、歯科の治療を受けることは、おなかの赤ちゃんへの影響も気になりますし、悩むプレママが多いようです。妊娠を希望するなら、まず、親知らずを抜いておいた方がいいと勧められる所以です。

しかし、その一方、たいしたトラブルもなく生えているようならば、親知らずを抜かないで、歯磨きをきちんとして大切にケアしておいた方がいいという意見もあります。せっかく生えてきたのに、抜いてしまうなんてもったいないし、他の歯を抜かざるを得なくなってしまったときに、奥の歯が残っていればそれだけで役立つからです。さらに近年は、医療技術の進歩により、親知らずをインプラントに利用したり、あるいは、将来、第二臼歯など大事な歯がだめになったときに移植するためのストックとして残しておくようにと指導する歯科医もいます。 生えてきた方がいいのか悪いのか、抜いた方がいいのか残した方がいいのか、なかなか悩ましいのが親知らずという歯なのです。

ページトップへ戻る
Copyright(C) Dental Guide All Rights Reserved.